パソコン・インターネット

怒涛の通信環境整備

2年割の関係でず~とタイミングを見ていました。

1.仕事のISDNを光電話(廃止とランニングコスト)
2.自宅の環境をギガ環境+IPv6&IPv4へ

自宅は、3桁の速度となりました。
渋滞している環境から解放されました。

NUCを購入

仕事で使うPCは、在庫管理+販売管理に使用の十数年前のもの。
まだまだ完動品(iMac)ですが、プリント出力に時間がかかり
より高速なPCの交換を考えました。

先ず同じバージョンのMacOSを使っているiMacの中古を捜して
みましたが、良品は高価、中古の完動品でもいつかは壊れる。
ということで、Windowsマシンを・・・小型コンパクト、予算と考慮し
NUC(
Next Unit of Computing)

Nuc
10cm角の手のひらサイズのベアボーン
画像で見るよりも実際手に取ると、非常にコンパクトです。
これに、メモリとHDD or SDDで超小型PCとなる。
もちろんOSも必要。

今回は、DSP版windows10を用意する。
HDDは、動作不良で廃棄する予定のMacBookProより
換装。

出費は、
3万数千円
・NUC

・ワイヤレスキーボード
・メモリ(4G)
・DSP版windows10

これに手持ちの
・液晶ディスプレー
・ワイヤレスマウス
・ソフトは、WIN版も同梱するもの、バージョンは古いが
 WIndows10でも動く?ようだ。(検証済み)

すべてインストールし、動作させてみたところ
CPUは、Celeron N3050 1.6GHz ですが、
予想以上に
さくさくと動く ( ^)o(^ )

もう一台欲しくなりました。

ファイルメーカーでメール配信(同報配信)2

しばらく悪戦苦闘してました(^^;)
やっと、思ったように動くようになりました。

5
課題である、グループ単位でのデータを右のリストに
流し込む事が出来るようになりました。

対象リストとから条件に合致するものを選択し
そのデータを右のリストにインポートするで
解決しました。
コピーアンドペーストで地道にするよりスマートな
方法です。

次に、メール本文に定型文を差し込むことに挑戦
これは、ひな形に記号で書き込み、それを計算式で
変換したものを本文に書き出す事で解決。

そして、メール送付
一斉配信(複数配信)でつまずくが、試行錯誤で理解する(^^;)

この試行錯誤の中で・・・
Gnailのsmtpサーバーを利用しようとしましたが、Gmail側の
セキュリティーで拒否されていることに気がつかず、なぜ?なぜ?
結局、Gmail側のセキュリティー設定を変えることで、解決しました。

それから、メールに書類などを添付する事に挑戦
オブジェクトフィールドに挿入したファイルから
ファイル参照データ(ファイルの格納場所、ファイル名)
を取得しそれを変数に格納
(ファイルメーカーのスクリプトでこの変数を設定する)
上のカタカナは、ファイルメーカーの呪文ですm(_ _)m

これで、一応完成

残るは、送付先データから柔軟に、必要な送付先を取り出す
工夫・・・・

ファイルメーカーでメール配信(同報配信)

メール配信ソフトは、有償・無償であります。
それは、いろいろと便利ですが、今一つなじまないです。

もちろん、既存のメールソフトに CC,Bcc を使えば簡単
なのですが・・・(^^;)

出来るだけ、CC,Bccを使いたくない。
それで
頭の体操とあわせてfilemakerでメール配信アプリを
作ってみました。

Mail

まだ、途中です。
一応、選んだアドレスに、同報配信出来ることを動作確認
しました。

 

課題
グループ単位で送信者リストにデータを流し込めるように
する。


FileMakerで在庫管理2

在庫管理が完成したので、販売管理と合体してみました。

Kannri

在庫管理の出庫が販売になるので、今まで窓口で使用していた
販売管理(領収証発行)とすんなりと合体できました。
これで、販売時に自動的に在庫へ反映されるようになりました。


FileMakerで在庫管理

ず~と、スタッフに任せきりにしていた
アナログ在庫管理。

新スタッフの教育中に???
あれ?在庫どれくらい?

そこで、お気に入りのソフトFileMakerで在庫管理
を作ることにしました。
なんとか動くものが作れたかと思うのですが(^_^;)

Zaiko

やりたかった事は、現在の在庫数がすぐわかる事
入出庫時に数量を入れると、その製品の在庫数が
わかるように作ってみました。
もちろん他の製品の在庫も一覧できるようにしました。

しばらく試用して、使い勝手、バグを確認してみようと
思います。

レーザープリンター

現在使用中のプリンターのトナーをと
ネット
地元の家電店と下見をしました。

レーザープリンターは、トナー代がかかります。
安価なものですが、トナーカートリッジのそれは
本体価格の2/3以上かかります。

早速、ネットで価格を調べ、念のため家電店へ。
2002年のモデル(販売終了)であることで、
これから先のランニングコストなど考慮して、
新機種を購入することに決定しました。
Nf5lhjbk
メインの仕事には使用しないのでコンパクトなものを
選びました。
価格は、1万ちょっと、前機種より軽量、USB、有線・無線LAN
で接続することが出来、置く場所とケーブルのとりまわしに
自由度があります。
コンパクト仕様のためか、モーター音が気になります。
静音を望むと、価格がぐんとあがりますので、これで我慢(^_^;)


自作書画カメラの最終形?

手持ちのwebカメラを使っての書画カメラの自作
これが、最終形

111

と、「CameraViewer」(http://kougaku-navi.net/backyard/)

初期画面(windows8.1での動作画面)
画面サイズ、表示など設定後、Run cameraで画像を
表示します。
Photo

書画カメラを自作してみた

書画カメラを自作して見ました。

書画カメラは、ビデオカメラで撮影し、これを
映像信号として出力するための装置です。
プレゼン時に実物をビデオカメラで撮影し
PCを介してプロジェクターでスクリーンに
投影する道具です。
市販されているものは、1万数千円からあり。

webカメラを持っているので、それを利用する
事にしました。

Img01

WEBカメラを布バンドで固定、アームの部分をホーム
センターで調達(ボルト、ワッシャー、蝶ナット、計数百円)

と、学生時代に使っていた都市ガス用のロウ着バーナー
の台を利用して作ってみました。
台の部分をもっと広くしなければ、いけないようですが
ぎりぎりのバランスです。
Img02
これは、カメラです。マイク付きのHD画像で撮影できます
これを、webカメラ用の表示ソフトで表示させます。
この画像は、曇りの夕方の室内での撮影したものの
PC画面です。(11インチのPC画面)
Img03
A5位の愛読書の表紙を撮ってみました。
暗いところでは、光源が必要なので、手持ちのPC用の
LEDスタンド(USB})を組み合わせようと思います。

NotePC

仕事用と地元ショップ(全国チェーン)でノート
PC(15.4インチ)を購入しました。

Macと比べるとなんですが、安価なわりには、
以外と使えます。

筐体が樹脂製(剛性は高い)でチープに感じ
ましたが、充分なようです。

ディスプレーが安価なパネルのため、視野角
が狭いですが、
最新のチップセットとCPUで
ほぼ満足です。

これを、プレゼンにもと使ってみたところ・・・
単独で持ち運ぶ事は、△
・・・大きい
プロジェクターとでは、×
・・・運搬するケースが、大きくなる(2つになる)

自宅用のタブレットをと考えていましたが、もう
一台ノートをと、11インチのものを購入しました。
2100001237707_m
全身樹脂製の筐体、重量はiPad2より軽い
CPUはAtom系の最新のもの(Cerelon)、
KBは小さい割には、打ちやすい。
パネルは、予想外に見やすく、難を言えば
小さくなった分表示文字も小さい
バッテリー駆動時には、動画はきつそう

と言うことで、併せてメーカー製ノートPC
1台分の出費となりました。

より以前の記事一覧